湯村温泉 旅館 NAVI トップ利用上の注意サイトマップ相互リンク

湯村温泉 旅館 ナビ 湯村温泉の観光、旅館はおまかせ!

湯村温泉の宿泊情報サイトです。湯村温泉の旅館、ホテル、民宿などの宿泊情報を掲載!

湯村温泉 人気のお宿 湯村温泉 グルメ特集

二日市温泉の温泉紹介

二日市温泉の紹介

さて、ここからは湯村温泉と、その近郊にある温泉についてご紹介してゆきたいと思います。
当サイトでは、ひとくちに湯村温泉(郷)としていますが、実際にご紹介しているのは、湯村温泉、湯村温泉から10キロほど離れている浜坂温泉郷、それに近くにある、有名な香住温泉郷です。

この地方は、非常に温泉が多いです。
特に、新温泉町では驚くほどです。実際に、湯村温泉といえば、その湯量が非常に豊富なことで有名です。天然温泉かけながしといった、湯量の豊富な温泉にしかできない芸当さえも、湯村温泉では当たり前の光景です。
町を流れる川にまで温泉が注いでいるほどです。

そして、浜坂温泉郷もまけてはいません。湧出量が非常に豊富なため、温泉宿に限らず、一般家庭にまで配湯されているほどなのです。
ちなみに、浜坂温泉郷は、七釜温泉(しちかまおんせん)・二日市温泉(ふつかいちおんせん)・浜坂温泉(はまさかおんせん)の3つの温泉の総称です。

香住温泉については、また別の機会にふれたいと思います。

それでは早速、湯村温泉、浜坂温泉郷それぞれの温泉の特徴などをみてゆきましょう。

名称 二日市温泉
温泉の泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
温泉の効能 神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復など。
アクセス JR山陰線浜坂駅から全但バス湯村温泉行きで10分
所在地 兵庫県美方郡新温泉町
備考 浜坂温泉郷の一つ。観音山を背にして岸田川のほとりに湧いている。湯は宿だけでなく病院などにも送られるほど湯量が多い。

湯村温泉 旅館 ナビ このサイトについて

湯村温泉 旅館ナビとは?

 このサイトは、湯村温泉の旅館、ホテル、民宿などの宿泊所をメインに紹介しているサイトです。また、湯村温泉周辺の温泉地、宿泊所、観光スポット、グルメスポットなどについても紹介しています。
 観光にも、お仕事にも、このサイトはきっと湯村温泉へやってくるあなたのお役に立つことでしょう。湯村温泉の宿泊情報を探している人は、上、又は左のメニューからどうぞ。


湯村温泉について

湯村温泉について

湯村温泉(ゆむらおんせん)は、兵庫県と鳥取県の県境近く、情緒あふれる老舗旅館や近代的な宿が軒を連ねる温泉地です。

その歴史は非常に古く、なんと、平安時代(848年)開湯といわれています。山陰の山峡にある閑静な湯治湯としてしられています。「湯けむりの郷」と称し、また1981年のNHKドラマ「夢千代日記」のロケ地としてその風情が全国に知られるようになり、以来「夢千代の里」という名前で親しまれています。

荒湯という高温の噴出泉が中心部にあり、春来川を中心に温泉街となっています。その総源泉数は60、総湧出量は毎分2,300Lで、余ったお湯は川へも流れるでるため、冬には川から湯煙が立つこともあり、その温泉街としての風情でつとに有名です。

さて、湯村温泉のある場所は、「新温泉町」という町名からもわかるとおり、非常に温泉に依存している地域です。ここ、湯村温泉から10キロメートルほどはなれた所にもう一つの温泉街があります。それが浜坂温泉郷です。そのため、このサイトでは湯村温泉を中心に、浜坂温泉郷のお宿について掲載しています。

さて、湯村温泉のある新温泉町は、蛍烏賊(ホタルイカ)の水揚げ日本一の漁港である浜坂港があります。また、付近は松葉ガニ日本有数のカニの水揚げ地として知られているところですから、夏はホタルイカ、冬はカニ料理が有名で、温泉だけでなく、おいしい食事を楽しむには絶好の場所です。

このサイトでは、湯村温泉と、その近郊の温泉、浜坂温泉郷(七釜温泉、浜坂温泉、二日市温泉)などについてご紹介してゆきます。

 Copyrights c2008 湯村温泉 旅館 NAVI All rights reserved
lastaccess:2009/05/25